<< デリバティブ取引に思う | main | 従兄弟の胃ろう >>

デリバティブ取引に思う

 

 私は妻だけにはこう忠告した。「銀行や証券会社の勧める金融商品は絶対買うな。その言うことを絶対に信用するな」と。これは家訓だと言って良い。というのも、私の父は私に、「証券会社は最初だけ稼がせて、その後は損ばかりだ。株屋の言うことを信用するな」と私に言った。その父の家訓を私は銀行という会社を付け加えて、妻に忠告したのである。なぜなら現在の銀行は、投資信託や仕組み債などのリスク商品を扱っているからである。私には銀行もまた、株屋に成り下がったと思えるのである。ちなみに父も私も上場企業の株の売り買いをしている。でもそれは遊びの金額の範囲であり、賭け事だと分かってやっているのである。マカオに行ってカジノで賭け事をしている感覚である。

 さて、そういう銀行や証券会社が扱う仕組み債、つまりデリバティブ取引をどのように考えれば良いのだろうか。結論から言えば、先物取引までは温存せざるを得ないと思うが、それ以上の抽象性を持ったデリバティブ取引は規制すべきだと思うのである。そこを自由市場の名のもとに野放しにしていたのでは、今回の仕組み債のような悲劇は繰り返されるだけなのである。

つまり、今回の仕組み債で分かったことは、その金融商品を作り、売り出した人(会社)が圧倒的に有利な商品だということが証明されたのである。中小企業のオーナーを始めとする我々消費者は、圧倒的に不利な金融商品を買わされたのである。だとすれば、それらは規制されなくてはいけない。

 売った証券会社や銀行の担当者は言うだろう。「ちゃんとリスクを説明しましたよ。金融商品の性格を説明しましたよ。強引に買わせたわけではありません。我々は法律を守っています。損をしたのはたまたまですよ」と。

 確かに法律違反ではないかもしれない。しかし、博打のような金融商品の販売が許されてはならないというのが、私が金融機関に求めたい企業倫理なのである。そういう倫理的価値観を持って、フェアで、正統な金融商品を扱ってほしい、それが金融機関に求めたい企業倫理なのである。

at 16:59, 砂田好正, デリバティブ取引

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog1.wiselink.biz/trackback/8