<< 管理のあり方/祐崟の認識 | main | 管理のあり方A反ッ畚の醸成 >>

管理のあり方∋纏を認める

 今度は仕事とアイデンティティの問題。個人のアイデンティティを形成するなかで、仕事の占める割合というのはかなり大きなものである。仕事は自分の能力の証しであり、人生の目的であり、また夢でもあるからだ。もしそうなら、自分がした仕事をきちんと認めてもらうことは、アイデンティティを保つうえで非常に大切なことになる。ちなみに、精神科医の立場から言えば、まわりの人々から存在を認めてもらえない人は、落ち込んだ気分のなかで、自分を否定するしかなくなってしまう。相手の存在を認めないというのは、モラル・ハラスメントで加害者が被害者に対してすることである。相手を無視することによって、象徴的に相手を消してしまうのだ。

 そこまでいかなくても、会社で働く人間は、仕事の成績はどうあれ、職業人としての存在が認められていないと、やる気を失い、一生懸命仕事をしようとしなくなる。P267「第11章モラル・ハラスメントが行われやすい環境」「働く人間として自分の仕事や存在を認めてもらえない」)

 

 この引用文には、社員のモチベーションを高め、気持ちよく働くために重要なことが書かれている。まず、私たちにとって職場で働くこと、すなわち仕事とは自分のアイデンティティを作る重要な要素である。そのくらい、自己に占める仕事の比重は大きいのである。そのため、その仕事を認めてもらえないと、自分の存在そのものが否定されるような気持ちになってしまう。これでは、モチベーションは高まらない。逆に仕事を認めてもらい、評価してもらえばモチベーションは高まることになる。そういう職場では、パワハラがなくなり、業績も上がる可能性が高いとも思う。部下の仕事を認めてやれる管理者なり、組織の理念、組織の文化が待たれている。

 

at 14:14, 砂田好正, 人間中心の職場作り

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog1.wiselink.biz/trackback/64